不動産投資信託って何?

貴方の資産を大きく増やすための資産活用法

これからの日本少子化対策は、日本の国策

「不動産投資信託」は投資手段として確実な方法の1つです。
不動産と言う現物の資産を担保とする為、価格の上昇が見込まれること、また、不動産を持つ会社がSPC(特別目的会社)として独立した会社となり倒産隔離ができます。
これは最大のリスク回避の特性です。

また、募集会社は不動産を持つSPCでの募集となり投資家保護の原則に遵守した募集となります。

不動産所有者はSPCに譲渡することにより、売買代金の回収時期が早まる。
信託を受ける企業は金融機関が多く一般企業も全て、金商法を遵守する許可業者であるため、監督官庁である金融庁の登録業者です。

当然、地域開発として大型プロジェクトの一部として大手企業に売買する可能性もあることで大きな販売利益を生む投資手段です。
また、販売利益及び賃貸利益は投資家の出資比率により分配され各投資家は、取得税を引いた金額が分配されます。
一般的な株式・為替投資と比べても格段の利益が見込まれます。

現在、日本ではJリートと言われる市場が東証に設置され一般株式取引同様に多様な投資家からの投資資金が集まっています。投資家の方々には出資証券が投資金額に見合った分だけ渡され、有価証券として資産計上が可能です。
不動産事業は昔から一般人には価格が高く手の出せない状況があり、一般の投資家はさbb化していませんでした。
「不動産投資信託」が証券化されたことにより、幅広い投資家層の投資対象になりました。
是非、不動産資産をお持ちの方及び不動産に興味のある投資家の皆様は、お近くの「不動産投資信託」の問い利扱い店に赴き、より良い投資案件として検討してみてください。

TOPへ