不動産投資信託って何?

貴方の資産を大きく増やすための資産活用法

「不動産投資信託」は、リスクが少なく利益が大きい投資です

SPCとは法令で認められた特定目的会社

SPCとは、不動産投資信託は担保財産である不動産を、安全かつ投資リスクを削減する為の、資産を分離する為の会社です。
会社法の中にもあるようにその資産管理のみを行い特別な目的のみに事業範囲も設定されています。
よって、他の業種を兼業することはできない定義になっています。
そのことにより他業種に対する資産担保設定はできないことにより保有資産は守られるのです。

会社資産を守ることにより、投資家に対して投資した資産を守ることになります。これがこの投資手法の利点でリスクの軽減が行われております。

このような投資手法は他の投資商品にはできない手法で、他の投資商品との差別化を行っています。
また、SPCは保有資産が売却完了した時点で、利益分配を行いSPC自体は解散いたします。

特定目的会社は法人登記される会社です。

信託として譲渡した資産を守る為、SPCを設立しSPCに資産を置くことにより資産の価格を、信託受益権として証券に換えることで多くの投資家に投資していただける利点となります。SPCは株式会社を参考にきめられた財団法人になります。

SPCで出資者を募集するには、資産を出資証券として販売する為の計画を、業務の開始届出書と一緒に監督官庁に提出する必要があります。提出後も、提出した計画の変更は変更届出を提出する必要があるなど、監督官庁の厳しい指導があります。ですからSPCは法律に守られているのです。

また、会社の事業方針などの決定事項は、株式会社同様に総会で全ての決定をします。決議ははSPCに対する特定出資の出資証券の口数によって決まります。よって、出資口数が多いほど利益配分が多いのです。

このように、SPCは法律で確定された法人です。
ですから、リスクの軽減ができるのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る