不動産投資信託って何?

貴方の資産を大きく増やすための資産活用法

経済国日本の国策としての「貯蓄から投資へ」の流れ

「投資」と言う言葉は「利益を生む」言葉

世の中には、投資をすることが財産を減らすことと考えている人がいます。
そのような方々は、投資の仕組み、投資商品の特性を知らずに投資している人です。

例えば、最近の仮想通貨で1億円以上儲けた人を「億利人」(おくりびと)と呼んでいます。
投資は根本的に儲けることができる商品です。
そのためにたくさんの投資商品がありその商品の特徴を使い、自己資産を投資によって増やすことができます。
自己資産を投資運用することにより利益に対する税金が発生し、国の資産も増えてゆくのです。

今のまま貯蓄をしていると自己資産は、減額になる状況です。

何故か?

資産は貨幣価値が下がることによって目減りするのです。
貨幣価値が変わらなくても生活してゆくうえで資産は目減りしているのです。生活費・冠婚葬祭・子供の学費(大学卒業までに約3000万円以上かかる)等、日々暮らしてゆくにはお金がかかるのです。

不動産投資信託の利点

税務処理にあたって、投資によって利益配当を受けた場合、利益 を他の事業で失敗した損金との相殺は 一般的にできません。個人・法人の利益配当金は損金不算入です。

しかし、SPCの場合租税特別措置法で、SPCが支払う配当金を損金に組み込むことが認められています。
これは、利益配当が生じた際に二重課税を回避するための処置です。つまり、出資者に利益分配を行うことが出来るため、資産を出資証券にすることにおいてSPCを採用した仕組みを作る時点での重要な利点の一つとなっています。
利益の分配方法としては、租税特別措置法を活用する事により法的安定性が確保された、希少な方法の一つです。

最大の利点は、出資証券としてSPCが不動産等を取得する際に、登録免許税や不動産取得税の減免措置まであるのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る