不動産投資信託って何?

貴方の資産を大きく増やすための資産活用法

リスクは不動産価値の暴落

外国人の資産形成方法

外国人は自分の資産をいかにして増やすか?
今ある資産を金融商品に投資して資産を増やすことが当たり前の事なのです。大きな利益を生む投資商品によって運用することを望みます。

例がサムプライム問題です。
住宅ローンを担保とした貸し付けシステムでこのシステムには大きなリスクがありました。
住宅ローンの返済不可能になったときに、保証会社が全て保証できるかの問題です。
この方式を使うために、低所得者に対しても簡単に貸し付ける業者が出てきました、その後、住宅ローンの返済が滞り保証会社が保証しきれなくなり、破綻しました。
当然、このシステムを利用した投資スキームは崩れ、投資は失敗したのです。

このように、外国では投資しないことが不思議なこととして考えられています。

成功例はシリコンバレーの新興企業に投資をして大きな利益を受け億万長者になった方々もいます。
いかに投資商品の見極めが大切なのかを実証しています。

「不動産投資信託」は資産形成に適した商品

外国の場合を例に出しましたが、日本人の投資方法は守りの投資です。

少しでもリスクの少ない金融商品を選択し、資産の半分もしくは3分の1の投資を行い、利益は少ないなどの結果に対しての不満が多い。
これが日本人の「あの時こうしておけばよかった。」投資です。
この投資方法は間違いではありません資産をすべて失うことがなく、堅実な投資方法だとも言えます。

しかし老後生活費として約10年間で3000万円はかかります。
その他に子供、お孫さんに支援するお金は、約2000万円はかかります。
このことを考えると約5000万円の資産がなければ老後の生活ができないのです。

ですから、リスクの少ない「不動産投資信託」は日本人にマッチしたより良い金融商品と言えるのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る